ボトックスで出来ること|痛みが少なくなっている|目の下のクマを改善する治療

痛みが少なくなっている|目の下のクマを改善する治療

女の人

ボトックスで出来ること

注射

治療の流れと注意点

ボツリヌス毒素を注射するボトックス注射は、シワ取りや小顔形成などに使われています。注射だけで顔の若返りができたり、エラ張り顔を改善できるのがボトックス注射の魅力です。これからボトックスをしようと思っているなら、治療の特徴をよく知っておく事をお勧めします。ボトックスをする前には、患部に局所麻酔をします。麻酔はクリームやテープなどの簡単なものです。麻酔が十分に効いてから注射をします。注射をするだけなので、治療は5分ほどで終わります。治療が終わったらメイクをして帰宅できます。患部を強く擦ったりマッサージしたりすると、ボトックスの効果が弱くなるので注意が必要です。ボトックスの効果は注射をして1週間〜2週間後くらいに出てきます。

ボツリヌス毒素の働き

ボトックス注射で使用する薬液は、ボツリヌス菌から抽出したボツリヌス毒素です。ボツリヌス毒素には、表情筋などの筋肉の動きを制御する働きを持っています。この性質を利用して行うのが、美容整形のボトックス注射です。目尻や額などは、表情筋でシワができやすいエリアです。こうした部分にボトックス注射をすると、表情筋が固まって皮膚が動かなくなります。その結果、目尻や額にシワが寄らなくなります。目元以外では口元のシワにも効果があります。エラの筋肉を収縮できるので、小顔形成もできます。左右に貼ったエラ筋がボトックスで抑えられれば、正面から見たときに顔がシャープになります。外科手術なしで小顔になれることから人気です。